「美しい字」に正しい姿勢は必要なのか、書道師範資格を持つ私が実験しました

シェアする?:

こんにちは吉田です。ずーーっと昔から疑問に思っていることがあります。それは「美しい文字を書くために正しい姿勢は本当に必要なのか」ということです。

私は6歳のころから12年間日本習字を習っており、なんなら師範資格も持っているまじめな好青年なのです。
そんな私だからこそ、ずっと疑問だったのです。姿勢ってそんなに大切なのかなって。。。。

師範資格持ってます

試しに「美文字」を書く方法をインターネットで検索するとほぼ100%の確率で

 

 

正しい姿勢で書いていますか?

姿勢を正しましょう

 

と書いてあります。

 

 

 

 

 

本当に姿勢って大切なの?

よって検証することにしました。
(協力:ルームメイトの新山くん)

 

 

①ふつうの姿勢で書く

普通の姿勢

普通の姿勢

 

普通の姿勢、
いわゆる正しい姿勢で書くとこんな感じです。

 

 

②寝ながら書く

img_0007

 

 

寝ながら、、、

img_0006

 

 

寝ながら、、、

寝ながら

 

 

 

寝ながら、、、

 

 

 

 

 

 

余裕っすわ
余裕っすわ

 

 

③逆立ちしながら書く

※よしだは逆立ちができないので壁を利用しています※

img_0010
逆立ち

 

 

血がのぼる!!!!しんどい!!!頭いたい!
 

待って今写真撮ってるから
 

逆立ち

 

、、、、

てかすごいこと気がついた!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

逆立ち
逆立ちしてたら物理的に文字書けねぇわ!

 

ここまでの結論:
逆立ちしているとそもそも字が書けない

 

 

④三点倒立しながら書く

逆立ちで無理なら三点倒立で!!

 

 

頭痛い!つぶれる!血がのぼる!

待っていま写真撮ってるから

 

三点倒立しながら
なんとかかけた
(少し字があやしい)

 

 

 

⑤トイレで書く

 

~撮影休憩中~

 

おなか痛いからトイレ行ってくるわ

おけ

 

 

 

 

 

 

 

ゴゴゴ、、、


ざわ・・・・ざわ・・・・

 

 

 


「なにしてんの!?」

 

 

 

 

トイレで
「ここで書くの?マジで言ってるの!?」

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

 

ちなみにマック
トイレでふんばりながらマクドナルドのクーポン見てました

 

 

 

 

トイレで
かきかき

 

 

 

 

トイレで
トイレでも普通にかけた

 

ここまでのまとめ:
トイレでも結構普通に文字は書けるが、逆立ちは物理的に不可能

 

 

⑥お風呂で書く

 

この辺で姿勢パターンが底をつき長休憩をはさむことに。

お風呂
ざわ・・・・

 

 

 

お風呂
ざわ・・・・・

 

 

 

お風呂
・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

お風呂

 

 

お風呂はダメでしょー!!!!

 

 

お風呂

お風呂

 

 

 

ちゃんと書いた

 

 

 

⑦全裸で書く

 

もはや勢い

 

 

 

書けた!

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マックうめぇな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポ、ポテトで書いとるー!
(もはや使命感)

 

 

 

 

まとめ:

マックのポテトはおいしい

 

 

次回は美しい字には「正しいペン」が必要なのかでお会いしましょう(えっ)

シェアする?:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。